建築ムーブ

建築業界を目指す人に向けて、業界情報を発信する情報サイト

インテリアデザイナー

内装のプロデュース

インテリアデザイナーは、建築における内装部分のプロデュースを行うという仕事です。
建築物では必ずその中で複数の人が生活をしていくため、そうした人にとっていかに使いやすく快適な空間を提供できるかということがインテリアデザイナーとしての腕になってきます。

インテリアデザイナーとしての仕事では、新築されるマンションやオフィスの設計段階から関わり必要な調度を用意していくという場合と、既に完成された建築物の中にどのように新たに家具・照明などを配置していくかを考える場合とがあります。

いずれにしても、それらを提案していくためには常に新しい住環境設備について勉強をするとともに経験を積んでいくということが必要になります。

2つの種類

インテリアデザイナーとして現在活躍している人を見てみると、大きく2つの種類に分けることができます。

1つ目は上記で述べたような空間全体をプロデュースするという仕事を行うインテリアデザイナー、もう一つは住環境やオフィス内で使用すると便利な家具や照明などインテリア器具そのものをデザインするというインテリアデザイナーです。

海外の有名なデザイナーさんの中には、この空間と調度の両方を総合的にデザインするというかなり優れた手腕を持っている人もいるようです。インテリアデザイナーという職業名称は、特に何らかの資格を所有していなければ名乗れないものではなく、本人がそれを生業としたいという意志があればその日から使用をすることができます。

インテリアデザイナーと似た名称として「インテリアコーディネーター」というものがありますが、こちらは民間資格として定期的に試験が行われています。

なるには

インテリアデザイナーとなるためにはインテリアコーディネーターの資格があると便利ではありますが、必ずなければいけないというわけではありません。実際現在日本国内でインテリアデザイナーとして勤務している人の多くは、まずは住宅メーカーなどで設計や内装関連の仕事についており、そこで得た知識や人脈をもとにしてインテリアデザイナーとして独立をしています。

もっとも理想的なことを言えば、一級建築士の資格を取得しておき、そのうえで実際に住宅建築・設計の仕事を経験したのちにインテリアデザイナーとして独立をするということがよいでしょう。デザイナーという名称はついていますが、インテリアデザイナーはかなり高度な建築や住環境についての科学的・工学的な知識が求められる仕事です。

Comments are closed.