建築ムーブ

建築業界を目指す人に向けて、業界情報を発信する情報サイト

中古住宅を高く売るためのポイント

中古住宅は自身で清掃や修繕を忘れずに

中古住宅を出来るだけ高く売るためにはまず、出来るだけ綺麗にみえるように、清掃や修繕を行う事が重要です。床の汚れや窓の汚れなど、基本的な掃除を始め、壊れている箇所は自身で修繕を加えた上で査定をすることで、より査定額がアップする傾向にあるでしょう。もちろん、修繕のレベルによっても異なりますが、ちょっとしたドアの立て付けの悪さなど、自分で簡単に直せるような部分であれば、自身で修繕をする事をおすすめします。

また見た目以外の部分も、きちんとメンテナンスを行いましょう。特に、部屋の臭いなどは、重要なメンテナンスポイントです。ペットを飼っていたというご家庭の場合は特に、家族は鼻が慣れていて気がつかなくとも、他の人からするととんでも無い異臭を放っている可能性もあります。ペットを飼っていたご家庭の場合は特に、査定の方が来る前に、徹底的に臭いケアを行って、無臭な状態をキープするようにしましょう。

売るタイミングも重要なポイント


同じ物件でも、売るタイミングによって、査定価格に倍以上の差が表れることもあります。土地そのものの価値が上がったタイミングで査定に出すようにすると、自然と査定額が跳ね上がりますので、周辺状況などもチェックした上で、査定に出すことが重要です。

例えば、近隣に大型のショッピングモールが出来るタイミング、土地開発をされる、終了するタイミングなど、価格帯がアップしやすくなるでしょう。同じ物件でも、数百万円以上の差が表れることも少なくありませんので、それぞれの状況を踏まえた上で、査定に出すことが重要です。

また、中古査定を依頼する業者によっても、同じ物件にもかかわらず、査定額が大きく異なる場合があります。中古査定を依頼できる不動産会社、各種中古物件取扱業者は数多くありますので、色々な業者に査定をお願いした上で、最も高く買取り価格が付いた所にお願いすると良いでしょう。

借地権はどうすればいい?

借地権とは、「だれかの土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てられる権利」の事を指し、中古住宅によっては借地権付きの物件も存在します。売却する中古住宅と併せて借地権を手放す場合も、そのまま地主さんに買い取ってもらったり、第三者に譲ったりと、様々な処分方法があります。この借地権の具体的な相場や算出方法については、以下のリンクを参照にしてください。

>>借地権売買・売却について

査定業者によっては、通常の倍以上の査定金額が出ることもあります。中古物件を積極的に取扱いしている業者、その地域の不動産会社の中でも最も勢いが有るような業者に依頼をすると、お値段お高めに買取り査定してもらえる事がほとんどです。出来るだけ高く販売するためには、一カ所で即決することが無いように、他の査定業者も比較をした上で、判断することが重要になります。

Comments are closed.